下げる方法と具体的な対処法を紹介!

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます!

 

このサイトを見ているということは高いコレステロールの数値に不安を感じているのではないでしょうか。

 

痩せていたり、健康のために食生活や生活習慣に気をつけているのに何故コレステロールが高いの?と不思議に思う人も多いようです。

 

コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があり、LDLの値が高いと血液がドロドロになり、動脈硬化の原因になります。

 

血液がドロドロになると、日本人の主な死亡原因である心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高まるので長生きや健康維持のためにはLDLを下げるのが重要です。

 

当サイトでは、コレステロールを下げる食品や運動方法、LDLを下げるのに効果的なサプリメントを紹介しています。

 

コレステロールを下げたいという人の参考になれば嬉しいです。

コレステロールを下げるには食事をどう改善するべき?

コレステロールを下げるには、生活習慣と食事内容を見直すことが大切です。若い時は食生活が乱れていても基礎代謝量が高いので、健康な値が保たれやすくなっています。

 

しかし年齢とともに基礎代謝量が落ち、若いころと同じ食事をしていたのではコレステロールはたまっていく一方なのです。

 

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、健康のためには悪玉(LDL)の数値を下げる必要があります。

 

LDLの数値が高い人は食生活を改善し、正常な範囲まで数値を下げるように努めましょう。

 

具体的には揚げ物などの脂っこい食べ物を減らし、タンパク質は肉よりも魚や大豆製品から摂取すると良いです。

 

また、コレステロールを多く含んでいるレバーや鶏卵や魚卵を避けたり、甘いお菓子やジュースを摂り過ぎないようにするのも重要です。アルコールも糖質が高いので注意が必要です。

 

逆に摂取したいのは食物繊維の多い野菜や海草、きのこ類などです。また、魚はLDLを下げるだけでなく、善玉コレステロールであるHDLを上げる働きもあるので積極的に食べるようにしましょう。

コレステロールを下げる食品にはどんなものがあるの?

健康な身体を保つには食事内容が最も重要で、コレステロールを下げる食品を十分に食べる事によって健康だけでなく美容への良い影響も期待できます。

 

身体に悪影響を及ぼす悪玉コレステロール値を下げるには青魚を日々の食事で摂取すると良いです。

 

青魚にはEPAやDHAといった血液をサラサラにする働きがある成分が豊富に含まれており、このEPAは血中の中性脂肪や蓄積された悪玉コレステロールを下げる効果が期待できるのでサバやイワシ、サンマなどの青魚を積極的に摂りましょう。

 

食事の際は肉の代わりにこれらの魚をアレンジを加えながら摂ると無理なく悪玉コレステロールを下げる事が出来ます。

 

しかし魚が苦手という人や、毎日食べるのは難しいという人も多いと思います。そんな人はEPAやDHAなどを含んだ健康食品を利用すると良いです。

 

サプリメントにもこれらの成分が豊富に含まれたものがあるので、食事内容を改善するのが難しい人はこのような補助食品を活用して悪玉コレステロールを下げるようにしましょう。

コレステロールを下げるトクホって何なの?

コレステロールを下げる効果が期待できる「トクホ」とは特定保健用食品の略称です。これは、健康に関する特定の効果が期待できることを表示して販売する許可を得ている食品のことです。

 

具体的には「脂肪の吸収を抑える」、「お腹の調子を整える」、「コレステロールを下げる」などといったものがあります。

 

メーカーがこれらの効能の科学的根拠を消費者庁に示して、効果や安全性が認められた場合にこの「トクホ」の称号が得られるのです。基準は厳しいものであり、条件を満たさないと表示することが出来ません。

 

しかし、「トクホを利用するから大丈夫」と油断して食べすぎたりしてしまうと逆効果になりかねません。

 

トクホと言ってもいろいろな成分や効果があるので、利用するトクホの効果を理解して摂取することが重要です。

 

トクホはあくまでも食品の一種なので、コレステロールを下げるには適度な運動やバランスの良い食事を心がけ、その補助としてトクホを利用するようにしましょう。

コレステロールを下げる油ってあるの?

コレステロールを下げるには食事内容や生活習慣に気を取られがちですが、料理に使用する油にも気を遣う必要があります。

 

まず肉から出る動物性の油は過剰に摂取すると脂肪に変化して血液内に蓄積し、悪玉コレステロール値を高める原因になることがあります。

 

植物性の油は動物性の油に比べて蓄積されにくいので、健康のためにオリーブオイルなどを使用している人も多いですが、高くなってしまったコレステロール値を下げるという効果までは期待出来ません。

 

それではどんな油がコレステロールを下げるのに効果的なのかと言うと、植物性の油の一つであるエゴマ油です。

 

エゴマ油にはアルファリノレン酸という成分が豊富に含まれており、この成分は体内に入るとDHAやEPAという成分に変わります。

 

これらの成分は血中の中性脂肪を減少させて血液をサラサラにする働きがあり、悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できます。

 

食事や料理に油を使う際は、アルファリノレン酸が含まれている油をなるべく取り入れるようにすると悪玉コレステロールを下げる効果が期待できます。

下げるレシピってどんなものがあるの?

コレステロールを下げるためにはレシピに工夫を加える必要があります。同じ食品でも調理の仕方によって健康への影響が変わる事もありますから、知識を得て効率的に改善しましょう。

 

まず、悪玉コレステロール値を下げる働きを持っている栄養素としてEPAやDHAが挙げられますが、これらはサンマやアジ、イワシなどの青魚に多く含まれているので積極的に食べると良いです。

 

これらの成分は熱に弱いので加熱するよりも生の刺身で食べることをおすすめします。また、赤身の部分よりもトロなどの脂の乗った部分を食べるとよりたくさんの栄養素を摂取でき、コレステロールを下げるのに効果的です。

 

EPAやDHAは魚の脂に多く含まれているので、加熱して食べる場合は焼き魚よりも油ごと食べられる煮魚がおすすめです。フライにすると栄養素が半分近く無くなってしまうので別の調理方法を選びましょう。

 

また、肉を食べる際はなるべく脂身の部分を使わないようにしたり、茹でたり焼いたりして出来るだけ脂が落ちるようなレシピにすると良いですね。

 

 

コレステロール値を下げる飲み物にはどんなものがあるの?

コレステロールを下げるには食事内容の改善が有効ですが、それが難しい人には飲み物で数値を下げる方法がおすすめです。

 

コレステロールを下げる飲み物はいくつかありますが、まずは野菜や果物のジュースです。

 

水溶性の食物繊維が豊富なモロヘイヤやバナナ、りんごを使用したもので、少し繊維質が残ったとろみのあるものを飲むと良いです。なるべく塩分や糖分が少ないものを選ぶようにしましょう。

 

水溶性の食物繊維は血中の脂肪を吸着して排出させる働きをもっているので、悪玉コレステロール(LDL)を下げる効果が期待できます。

 

自分で作る場合は、にんじんやりんごなどは皮ごとミキサーにかけるようにすると多くの食物繊維や栄養素を摂取できるのでより健康的です。

 

次におすすめの飲み物は豆乳です。豆乳に含まれる大豆たんぱく質がコレステロールの吸収をおさえる効果が期待できます。

 

これらの飲み物を食事の直前に飲むとコレステロールの吸収を抑える効果が期待できます。

 

どんなお茶が効果的ですか?

コレステロールを下げるためのさまざまなお茶や飲み物が市販されていますが、実は日本人に馴染みがある飲み物の中に中性脂肪を下げるものがあります。

 

それは緑茶です。緑茶に含まれる成分として知られるカテキンには様々な効果があり、生活習慣病予防やアンチエイジング効果に加え、食事に含まれる脂肪の吸収を抑制する効果が期待できます。

 

通常、食後はコレステロール値が高くなりますが、食事中に緑茶を飲むようにすると脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

 

緑茶は悪玉コレステロール(LDL)を減少させるだけでなく、善玉コレステロール(HDL)を増やす嬉しい働きがあります。普段の飲み物を緑茶に替えてこまめに飲むと悪玉コレステロールを下げる効果が期待できます。

 

また、緑茶は殺菌力が高く虫歯や風邪の予防、がん予防など健康へのさまざまな効果が期待できます。

 

緑茶は茶葉やテイーパックが市販されていて手軽に作ることが出来るので、こまめに緑茶を飲む習慣をつけるようにすると健康維持に効果的です。

 

コレステロールを下げる運動ってどんなものがあるの?

コレステロールの値を下げるためには運動が効果的ですが、注意しておきたい点があります。

 

それは何かというと、運動には2つの種類があるということです。1つは、酸素を取り込まず短時間で激しい動きをする無酸素運動で、例としては短距離走などがあります。

 

これに対する有酸素運動は酸素を取り込みながら時間をかけてゆっくりと行う運動で、代表的なものとしてはウォーキングなどが挙げられます。

 

悪玉コレステロール(LDL)を下げるのに効果があるのは有酸素運動です。ウォーキングにより下半身の筋肉が鍛えられて基礎代謝が上がると血行が良くなり、LDLが溜まりにくくなります。

 

悪玉コレステロールを下げるには有酸素運動を継続して行うことが重要です。ウォーキングはなるべく30分以上継続して行うとより効果的です。

 

また、特に効果的な有酸素運動の一つが水中歩行です。通常のウォーキングよりも負荷が高く、消費カロリーや脂肪燃焼効果が高まるのですぐにコレステロールを下げたいという人におすすめの運動です。

コレステロールの薬ってどんなものがあるの?

コレステロールを下げる薬は通常は病院で診断後に処方されるので、悪玉コレステロールの値が気になる場合は病院を受診すると良いです。

 

病院で処方される薬は、肝臓で悪玉コレステロールが合成されるのを抑えるもの、脂肪が血管に付着することを防ぐもの、脂肪酸が中性脂肪になるのを防ぐものなどがあります。

 

これらの薬によって悪玉コレステロールを下げる効果が期待できますが、人によって副作用が出る場合もあるので病院への受診が必要になるような数値になる前に改善する必要があります。

 

コレステロールを下げるには薬以外に、食事内容の改善、適度な運動、禁煙、ストレスを溜めないなどの方法があります。

 

食事内容の改善は具体的には糖質や脂質を摂り過ぎない、血液サラサラ効果がある青魚や水溶性食物繊維の豊富な食べ物、そばや緑茶などの抗酸化商品を摂ることです。

 

運動は筋トレのような激しい運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動を継続して行うのが効果的です。

 

薬だけに頼らず食生活の改善や適度な運動をすることで基礎代謝を上げてコレステロールが高くなりにくい体を作ることが健康維持につながります。

 

コレステロールを下げるサプリってどんなものがあるの?

コレステロールを下げるには青魚に含まれるDHAやEPAが配合されたサプリメントが効果的ですが、おすすめはどのようなものでしょうか。

 

ここでは、おすすめのサプリメントの中から値段が安い順の上位3商品を紹介します。

 

サプリメントを購入するときに参考にしてみてくださいね。

 

 

きなり

きなりは厚生労働省の品質基準を満たすGMP取得工場で製造するなど安全性にこだわって作られています。

 

中性脂肪を下げる働きがある魚油が原料なので、魚を食べることが少ない人でもコレステロールを下げる効果が期待できます。

 

オレンジを使用した特殊製法で臭みがなく、魚臭さが苦手な人にもおすすめです。

 

  • 売上数46万袋突破
  • 2015年モンドセレクション最高金賞受賞
  • 送料無料
  • リピート率92.3%


価格 1日ごとのDHA・EPA摂取量 評価
1980円 500mg コレステロールを下げる食品

 

大正DHA・EPA

大正DHA・EPAは中性脂肪を減らしたり、コレステロールを下げる効果が期待できるEPAが豊富に配合されています。

 

青魚に含まれる血液サラサラ成分をスムーズに吸収できるように、溶けやすいソフトカプセルを使用しています。

 

1日分ずつ個別包装されているので成分の酸化を防ぎ、外出先でも便利です。

 

  • 送料無料
  • 低カロリー
  • 創業100年を超える大正製薬が製造
  • 定期購入で特典が7つもらえる


価格 1日ごとのDHA・EPA摂取量 評価
3600円 600mg コレステロールを下げる食品

 

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHAは、血液内の脂肪の濃度を下げる必須脂肪酸を配合しており、コレステロールの高い人におすすめです。

 

特許を取得した直径3mmの小さなカプセルがスムーズに溶けて成分の体への吸収率も高いです。

 

製薬会社ならではの安全製にこだわった製法で作られているので、安心して飲み続けることができます。

 

  • 送料無料
  • 飲みこみやすい小さなカプセル
  • 個別包装で持ち運びに便利
  • アルミ製の個別包装で成分の酸化を防ぐ


価格 1日ごとのDHA・EPA摂取量 評価
6480円 750mg コレステロールを下げる食品