コレステロールを下げるためのさまざまなお茶や飲み物が市販されていますが、実は日本人に馴染みがある飲み物の中に中性脂肪を下げるものがあります。

 

それは緑茶です。緑茶に含まれる成分として知られるカテキンには様々な効果があり、生活習慣病予防やアンチエイジング効果に加え、食事に含まれる脂肪の吸収を抑制する効果が期待できます。

 

通常、食後はコレステロール値が高くなりますが、食事中に緑茶を飲むようにすると脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

 

緑茶は悪玉コレステロール(LDL)を減少させるだけでなく、善玉コレステロール(HDL)を増やす嬉しい働きがあります。普段の飲み物を緑茶に替えてこまめに飲むと悪玉コレステロールを下げる効果が期待できます。

 

また、緑茶は殺菌力が高く虫歯や風邪の予防、がん予防など健康へのさまざまな効果が期待できます。

 

緑茶は茶葉やテイーパックが市販されていて手軽に作ることが出来るので、こまめに緑茶を飲む習慣をつけるようにすると健康維持に効果的です。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ