下げるレシピってどんなものがあるの?

コレステロールを下げるためにはレシピに工夫を加える必要があります。同じ食品でも調理の仕方によって健康への影響が変わる事もありますから、知識を得て効率的に改善しましょう。

 

まず、悪玉コレステロール値を下げる働きを持っている栄養素としてEPAやDHAが挙げられますが、これらはサンマやアジ、イワシなどの青魚に多く含まれているので積極的に食べると良いです。

 

これらの成分は熱に弱いので加熱するよりも生の刺身で食べることをおすすめします。また、赤身の部分よりもトロなどの脂の乗った部分を食べるとよりたくさんの栄養素を摂取でき、コレステロールを下げるのに効果的です。

 

EPAやDHAは魚の脂に多く含まれているので、加熱して食べる場合は焼き魚よりも油ごと食べられる煮魚がおすすめです。フライにすると栄養素が半分近く無くなってしまうので別の調理方法を選びましょう。

 

また、肉を食べる際はなるべく脂身の部分を使わないようにしたり、茹でたり焼いたりして出来るだけ脂が落ちるようなレシピにすると良いですね。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ