コレステロールを下げる油ってあるの?

コレステロールを下げるには食事内容や生活習慣に気を取られがちですが、料理に使用する油にも気を遣う必要があります。

 

まず肉から出る動物性の油は過剰に摂取すると脂肪に変化して血液内に蓄積し、悪玉コレステロール値を高める原因になることがあります。

 

植物性の油は動物性の油に比べて蓄積されにくいので、健康のためにオリーブオイルなどを使用している人も多いですが、高くなってしまったコレステロール値を下げるという効果までは期待出来ません。

 

それではどんな油がコレステロールを下げるのに効果的なのかと言うと、植物性の油の一つであるエゴマ油です。

 

エゴマ油にはアルファリノレン酸という成分が豊富に含まれており、この成分は体内に入るとDHAやEPAという成分に変わります。

 

これらの成分は血中の中性脂肪を減少させて血液をサラサラにする働きがあり、悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できます。

 

食事や料理に油を使う際は、アルファリノレン酸が含まれている油をなるべく取り入れるようにすると悪玉コレステロールを下げる効果が期待できます。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ