コレステロールを下げるには食事をどう改善するべき?

コレステロールを下げるには、生活習慣と食事内容を見直すことが大切です。若い時は食生活が乱れていても基礎代謝量が高いので、健康な値が保たれやすくなっています。

 

しかし年齢とともに基礎代謝量が落ち、若いころと同じ食事をしていたのではコレステロールはたまっていく一方なのです。

 

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、健康のためには悪玉(LDL)の数値を下げる必要があります。

 

LDLの数値が高い人は食生活を改善し、正常な範囲まで数値を下げるように努めましょう。

 

具体的には揚げ物などの脂っこい食べ物を減らし、タンパク質は肉よりも魚や大豆製品から摂取すると良いです。

 

また、コレステロールを多く含んでいるレバーや鶏卵や魚卵を避けたり、甘いお菓子やジュースを摂り過ぎないようにするのも重要です。アルコールも糖質が高いので注意が必要です。

 

逆に摂取したいのは食物繊維の多い野菜や海草、きのこ類などです。また、魚はLDLを下げるだけでなく、善玉コレステロールであるHDLを上げる働きもあるので積極的に食べるようにしましょう。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ