コレステロールの薬ってどんなものがあるの?

コレステロールを下げる薬は通常は病院で診断後に処方されるので、悪玉コレステロールの値が気になる場合は病院を受診すると良いです。

 

病院で処方される薬は、肝臓で悪玉コレステロールが合成されるのを抑えるもの、脂肪が血管に付着することを防ぐもの、脂肪酸が中性脂肪になるのを防ぐものなどがあります。

 

これらの薬によって悪玉コレステロールを下げる効果が期待できますが、人によって副作用が出る場合もあるので病院への受診が必要になるような数値になる前に改善する必要があります。

 

コレステロールを下げるには薬以外に、食事内容の改善、適度な運動、禁煙、ストレスを溜めないなどの方法があります。

 

食事内容の改善は具体的には糖質や脂質を摂り過ぎない、血液サラサラ効果がある青魚や水溶性食物繊維の豊富な食べ物、そばや緑茶などの抗酸化商品を摂ることです。

 

運動は筋トレのような激しい運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動を継続して行うのが効果的です。

 

薬だけに頼らず食生活の改善や適度な運動をすることで基礎代謝を上げてコレステロールが高くなりにくい体を作ることが健康維持につながります。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ