コレステロールを下げる運動ってどんなものがあるの?

コレステロールの値を下げるためには運動が効果的ですが、注意しておきたい点があります。

 

それは何かというと、運動には2つの種類があるということです。1つは、酸素を取り込まず短時間で激しい動きをする無酸素運動で、例としては短距離走などがあります。

 

これに対する有酸素運動は酸素を取り込みながら時間をかけてゆっくりと行う運動で、代表的なものとしてはウォーキングなどが挙げられます。

 

悪玉コレステロール(LDL)を下げるのに効果があるのは有酸素運動です。ウォーキングにより下半身の筋肉が鍛えられて基礎代謝が上がると血行が良くなり、LDLが溜まりにくくなります。

 

悪玉コレステロールを下げるには有酸素運動を継続して行うことが重要です。ウォーキングはなるべく30分以上継続して行うとより効果的です。

 

また、特に効果的な有酸素運動の一つが水中歩行です。通常のウォーキングよりも負荷が高く、消費カロリーや脂肪燃焼効果が高まるのですぐにコレステロールを下げたいという人におすすめの運動です。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ